【海外の反応】リゼロ 2期 1話(26話)

スポンサーリンク

【海外の反応】リゼロ 2期 1話(26話)

〈それぞれの誓い〉
幾多の死を繰り返しながら、ついに白鯨の討伐を成功に導き、暗躍する魔女教大罪司教「怠惰」担当ペテルギウス・ロマネコンティを打ち破ったスバル。
辛い決別を乗り越え、ようやく最愛の少女・エミリアとの再会を果たしたのも束の間、スバルはこの世界からレムの存在が消え去ってしまっていることを知る。
死のループの中で白鯨に襲われたときに起きた《存在の消失》。
白鯨を倒した今、起こり得るはずのない事態がスバルたちを襲う。
翻訳元:reddit




海外の反応

1.海外の反応

誰もがレムについてふざけたことを言っているけど、クルシュについてはどうだ?

彼女は前のシーズンすばらしかった、そして今彼女は威厳を失ってしまった


 

2.海外の反応

>>1

少なくともクルシュは両腕を確保できた

フェリスが腕を治すことに成功したようだ


 

3.海外の反応

>>2

フェリスはこの国で一番の治癒術士だからな


 

4.海外の反応

スバルが一番大切にしている人が、治らない衰弱状態になってしまった。

また同時に、スバルは何度死んでも状況が変わらないにことになってしまった。

シーズン1は楽勝ではなかったが、シーズン2ではさらにレベルアップしているのは明らかだね。


 

5.海外の反応

フェリスがクルシュのために泣いてるのが このエピソードの一番の見どころだったね

5人がテーブルで話しているだけで、とてもドラマチックです


 

6.海外の反応

>>5

この二人は素晴らしいね。私はこの二人をとても愛しています。

フェリスのクルシュへの想いの全て、彼の苦悩を知りたいのであれば、彼とクルシュの外伝を読むことを強くお勧めします。

   Re:ゼロから始める異世界生活Ex 獅子王の見た夢 (MF文庫J)

追記:クルシュが傷ついた時、クルシュがフェリスを呼んでいたことに気づかなかった。


 

7.海外の反応

レムって誰のこと?

こんなふざけたことに4年も待ったなんて


 

8.海外の反応

>>7

第三章幕間を読んでからみんなの反応が気になって何年も待っていたよ


 

9.海外の反応

>>8

悲しいことに,これがすでにディレクターズカットの最後のシーンに入っていた

これには多くの人が知らなかったようだね





10.海外の反応

>>9

ディレクターズカットの最終回は今年公開されたから、これを4年も待っていたと言っても過言ではないね。


 

11.海外の反応

”スバルが死んだときにすべてやり直しができるので、このシリーズには問題はありません!”

暴食:「それでいいんか?」


 

12.海外の反応

>>11

まるで自殺することが簡単のようだな。その先に何があるかわからない、死の恐怖は常にそこにある。

自殺して過去に戻っても問題は解決しない。問題の根底にあるものに気づかない限り、問題は解決しない。

みんなスバルの立場になってみて、「おいスバル、死んでやり直せよ」と言う前に、自分がスバルの立場になってみて、スバルと同じ苦しみを味わうことができるかやってみるべきだね。大抵の人はギブアップすると思う。

スバルも、次に死んだときには永遠に死んでいるかもしれないという事実を恐れているんだろう。


 

13.海外の反応

>>12

自殺の多くが失敗に終わるのは偶然ではないよな。

一見確実な方法でも失敗率がとんでもなく高い。


 

14.海外の反応

引き出しの上のナイフがずっと怖かった


 

15.海外の反応

>>14

めくらましだな


 

16.海外の反応

暴食の権能は、アニメの中で最もリアルで恐ろしい力の一つです。

名前と記憶を完全に奪い去ることは、死よりも悪い行いだ。


 

17.海外の反応

Wow、シーズンの始まり方としては最高だね。

絶望、悲劇、苦悩、これこそがRe:Zeroだよ、間違いない。


 




18.海外の反応

スバルがビ○チのように泣いているのを見て、俺までビ○チのように泣いてしまったよ


 

19.海外の反応

ナツキスバルの苦痛に満ちた日常が戻ってきた!


 

20.海外の反応

レムとスバルの一瞬の輝き…


 

 

 

 


いよいよ始まりましたね!待ち遠しかったです!

コメント